カテゴリー別アーカイブ: topics

POICウォーター(タンパク分解型除菌水)を導入しました

POICウォーター(タンパク分解型除菌水)」って何?

このPOIC水(HClO)は、純度99%の「食塩」と不純物を限界まで取り除いた「超純水」を電気分解して精製した身体に安全な除菌機能水で、薬ではありません!!

IMG_1759HCIOの有効な殺菌力は、インフルエンザ・ノロウィルス対策、プールの消毒液、食品の保存料・防腐剤などにも利用されています。また、もともとHCIOは血液中に含まれており、白血球が体外から進入してくる病原体を駆除する免疫反応として機能している成分です。 HCIOは歯周病菌を殺菌するだけでなく、身体の免疫機能にも作用し自然治癒力を高める働きを持ちます。

市販されている洗口剤とは異なり、アルコール・着色料・保存料などの薬剤・薬品を一切使用しておりませんので、小さいお子様からご年配の方までどなたでも安心してご使用頂けます。洗浄と除菌の2つの機能を持っていて、汚れを分解洗浄した後に除菌力がUPする歯科機能水です

POIC水(タンパク分解型除菌水)の効果と特徴

 1.バイオフィルムの除去

次亜塩素酸イオンが歯周病菌の温床であるバイオフィルムを剥離しやすくし、歯周ポケットへの殺菌・消炎効果を高めます。

 2.高い殺菌効果

歯周病菌の細胞を構成するタンパク質に作用して、歯周病菌を根本から破壊します。

 3.消炎作用

免疫機能(活性化マクロファージ)は時として炎症を引き起こす要因になります。その破壊行為を抑止する効果があります。

POIC水はご家庭での洗口剤として、歯周病・虫歯・口臭予防に高い効果が期待できます。

市販の洗口剤とは違い、通常のホームケアでは除去できない バイオフィルムのバリアを分解・破壊することができます。 また、保存料、着色料、アルコールなどを使用していない天然の 洗口剤ですから、副作用もなく安心してお使いいただける洗口剤です。また、お部屋へ散布することで、除菌・消臭の効果もあります。

 POIC水(タンパク分解型除菌水)のホームケアの方法

朝・晩に『うがい磨き』をすると効果的! 寝る前だけでも必ずしてみてください。 朝起きたときのネバネバする感じがなくなります。

 毎日のブラッシングに

1.キャップのメモリでPOIC水を5~10ccをとり、液をすべて 口に含み、
   20秒間ブクブクと強めにうがいをする。

2.液を捨てずに口に含んだまま、歯ブラシ・歯間ブラシなどで
  歯と歯ぐきの間に入れ込むようにして磨くと効果的です。

3.最後に水でゆすぎましょう。

  たったこれだけです!

注)塩素系(プール)の臭いと味を感じるかもしれませんが、これは、お口のタンパク質汚れが洗浄されるときにできる気体の臭いです。汚れが多い程臭いが強いですが、きれいになるほどに薄れてきます。薬品は使用しておりませんので体に害はありません。安心してお使いください。

当院で導入しているPOIC水(タンパク分解型除菌水)は、どなたでも安心してご利用いただける治療水です。歯周病や他の炎症がある症例では、治療にあわせて、ご家庭での日々の口腔ケアを行っていただくと、治療効果が大変向上いたします。

 当院では、ご家庭でのお口のケア用品としまして、

「POICウォーター(タンパク分解型除菌水)」を500mlボトルで受付にて初回 1,940円(税込み)で販売させていただいております。(初回のみ専用ボトル代 320円を含みます。)
IMG_1754ボトルを持参頂ければ、1,620円(税込み)にて詰め替え致します。   

*うがい薬として

 POIC水を軽く一口、口に含み、約20秒程度
 ブクブクします。

口臭の改善に
むし歯、歯周病の予防に

*お口以外の応用例

お部屋の空間消臭
皮膚の除菌
台所の除菌
感染症、皮膚病の予防
体臭の改善など

こちらのPOIC水は、ふじた歯科医院受付にて販売しております。

お電話お問い合わせはこちら ☎0172‐37‐3118

こんなお口の方にお勧めです。

   □  お口の中がネバネバするなどの不快感がある。

   □  口臭が気になる。

   □  ヘビースモーカーの方。

   □  茎が腫れる・出血するなど、歯周病の予防のため。

   □  むし歯予防のため。

厚生労働省推奨  POIC水(タンパク分解型除菌水)は、
ノロウィルスにも効きます!

当院では、待合室に
POICウォーター噴霧器 を設置しております。

spray.jpg

POICウォーターを噴霧すると、インフルエンザやMRSA等の感染症の予防に繋がります。
また、エンベロープという脂質の殻をもたないタイプのノロウィルス・ロタウィルス にも効きます。

H.26年11月から「外来環」認定を受けることができました。

外来環について

開院以来、当院では「感染対策・医療安全」に配慮してまいりましたが、
この度、厚生労働省の定める「歯科外来環境体制加算」(外来環)が
受理されました。
全国の歯科医院の一割程度しか認められていない「外来環施設」です。

以下にその内容を記載いたします。

外来環とは

・ 医療安全対策にかかわる研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置
  されていること

・ 歯科衛生士が1名以上配置されていること(当院は、衛生士3名)

・ 緊急時の初期対応可能な医療機器(AED、酸素ボンベおよび酸素
 マスク、血圧計、パルスオキシメーター、救急蘇生セット、歯科用
 吸引装置)を設置していること

・ 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるように、別の
 保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること

・ 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、
 専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底するなど、十分な感染症
 対策を講じていること

・ 歯科ユニットごとに、歯の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等
 に飛散する細かな物質を吸収できるように、歯科用吸引装置等を設置
 していること

など9項目の厚生労働省の定める環境整備基準を整えたことによる評価です。

以前よりほとんどの項目で基準を満たしていましたが、口腔外バキュームを
導入したことでこの外来環を受理できました。

今後もより安全で安心できる歯科医療を提供できるよう、環境整備・
スタッフ教育を行ってまいります。

口腔外バキューム・フリーアームアルティオSを導入しました。

優しい環境のために
「口腔外バキューム  フリーアームアルティオ」

CIMG6267歯を削ると目に見えないほどの細かな粉塵がたくさん飛び散ります。通常この粉塵は診療室で発生し、空気中を漂い、待合室まで飛散します。これらの粉塵は、その大きさによって付着する部位が異なりますが、次第に肺に沈着し、人体に悪い影響を及ぼします。

 この粉塵を患者さんやスタッフが吸い込んだり、空気中に飛び散ってしまわないように、当院では体に優しい口腔外サクション「フリーアーム アルティオS」を導入し、発生源で集塵しております。

 これは治療時に発生する不快な臭いも除去してくれます。当院ではクリーン診療を心がけております。

EMS社製のエアフローマスターピエゾンを導入しました。

エアフローマスターピエゾンを導入しました。

 歯周病の世界的権威であるイエテボリ大学で使われている歯周病治療には欠かせないEMS社製のエアフローマスターピエゾンを導入しています。これは、水と超微細なアミノ酸パウダーを射出し歯の表面のプラークを取り除く装置と、歯石を除去する超音波スケーラーと二つの機能を兼ね備えたものです。これにより歯周病治療時に、より精度の高いクリーニングが可能となります。

さらに、セメント質をはじkongouji_airめとする上皮組織や結合組織へのダメージを最小限に抑えることが出来ます。

また、パウダーに使われているアミノ酸の主成分はグリシンで、コラーゲン等に多く含まれ、甘味があり食品添加物としても広く使われているものですので、とても安全です。


また、6個のLEDライト付きのハンドピースは、今まで到達困難だった箇所に容易にアクセスが可能になりました。歯面にマイルドで患者さんに快適なメインテナンスをご提供致します。

ザ!世界仰天ニュースでオーラルダイエットが・・・

2014年4月30日に放送された「ザ!世界仰天ニュース 巨漢スペシャル
パート31」で、オーラルダイエットが紹介されました。

oraldiet.com オーラルダイエット

TVの内容から・・・

仰天スタッフは、これまで幾度となくダイエット企画に挑戦してきた。
今回は4人の仰天スタッフが「特殊なマウスピースを装着するだけ」
という新しいダイエット『オーラルダイエット』に挑戦。

今回挑戦した「オーラルダイエット」は、事前に上顎の形と歯型を取り製作した装置を、食事の時に装着するだけで何を食べても良いという方法。
装置を装着することで舌の動きが制限され、必然的にたくさん噛み食べ物を
細かくするため、噛む回数が増え食べる時間を長くなることで過剰に食べる
ことを抑えることができる。

<3週間ダイエットを続けた成果>

三枝ディレクターは-3.4kg
森田ディレクターは-2.9kg
並木ディレクターは-5.2kg
植村ディレクターは-3kg(自己申告)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 当院でも、TVで放送された後、問い合わせや、制作したいとの
 患者さんが増えています。
 装置を外注している技工所も制作依頼が急増し、通常なら型取り後
 2週間程で完成するものが、1ヶ月程かかる状況です。
 ご了承いただければと思います。

歯周病と糖尿病の深い関連

歯周病と糖尿病の深い関連について

糖尿病の人が歯周病にかかりやすいことはよく知られています。

詳しいメカニズムについてはまだ解明されていませんが、血糖値が
高い状態が続くと体の免疫機能が低下し、さまざまな感染症にかかり
やすくなります。歯ぐきも同様に歯周病源菌に感染しやすくなるのでは
ないかと考えられています。

さらに最近は歯周病になると糖尿病が悪化するという逆の関係性も
明らかになってきました。

歯周病源菌が歯ぐきに感染すると免疫をつかさどる白血球の一つ、
マクロファージがサイトカイン、TNF-αという物質を分泌し炎症を
活発化させる働きをします。
TNF-αは血液中の糖分の細胞内への取り込みを抑える働きもあるため
血糖値をさげる(血液中の糖分を細胞内へ取り込ませる)働きのある
ホルモン、インスリンの働きを阻害してしまいます。

それに加え、歯周病源菌の死骸はエンドトキシンと呼ばれる毒素を
体内へまき散らします。エンドトキシンは脂肪組織や肝臓からの
TNF-αの生産を強力に推し進め、さらにインスリンの働きを阻害します。

インスリンが働きにくくなれば、正常な血糖値を維持することは、
難しくなります。

歯周病患者はそうでない人に比べて、糖尿病になる危険性が、1.7~4.6倍、
心筋梗塞など心臓の冠動脈疾患の危険性が1.5~2.7倍高いとのことです。

歯周病を完全に治癒させることは糖尿病と同様に難しいことかもしれませんが、
歯周病源菌の質と量をコントロールし、血液中のTNF-α濃度を低下させることに
より血糖値のコントロール状態を示すHbA1c値も改善するというデータもあります。

口腔ケアが全身の健康を左右するという認識のもとにセルフケアのみならず
定期的なケアに歯科医院を受診していただければと思います。

2014年3月20日(木) に配信された毎日新聞に、北海道大病院歯科の菅谷勉准教授が
書かれた『歯周病は糖尿病と深い関連』という記事が載っていましたので、
一読頂ければと思います。(クリックすると字が大きくなります。)

140320毎「歯周病糖尿病と深い関連」

合成界面活性剤について

合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)とは?
  • 体内の酵素たんぱくを変性させる、またその働きを弱める“酵素活性阻止作用”
  • 味覚障害が起こり得る
  • 直接触れると“肌あれ”になる
  • 自然に分解できないため“環境と生態系の破壊”につながる

こんな怖い物質の正体をご存知ですか?

実はこれ、一般のスーパーやドラッグストアで市販されている
ごく普通の歯みがき剤、シャンプー、リンス、食器洗いや衣類の
洗剤類、それに化粧品の中にも洗浄・発泡剤として入っている
ラウリル硫酸ナトリウムという合成界面活性剤です。
本来混ざるはずのない水と油を強引に、化学の力で混ぜてしまう
化学物質のことです。
名前はよく知られていますが、その本当の恐ろしさは実感がなく、
肌触りのいいなめらかなクリームやフワフワの泡立ちに魅かれて、
多くの人が何気なく使い続けているのが実状です。

市販の歯みがき剤で歯磨きした後に味が変わるのは、どうして
でしょうか?
舌には、味を感じる味蕾(みらい)という細胞があります。
この味蕾が市販の歯みがき剤に含まれているラウリル硫酸
ナトリウムなどの合成界面活性剤によって損傷を受けている
からなのです。

自分のからだは自分で守る、自分の健康は自分で作っていく、
特に歯みがき剤は毎日使う大切なお口のパートナーです。
安全で性能の高い商品を選びましょう。

そこで、当歯科医院では、「Dental Paste デンタルペースト、
オラコンティ(歯みがき剤)」を強力推薦しています。
もちろん合成界面活性剤フリー、天然成分のみで作られているため、
安心して長くご使用いただけます。
また、他のシリーズも全てが体にやさしく、同時に口臭や
歯周病の予防にも役立つ優れた製品ばかりです。
口臭などでお悩みの方はもちろん、それ以外の方にも日常的に
ご使用いただくことをお勧めします。

TCH(歯列接触癖))について

TCH(歯列接触癖)とは

上下の歯の接触は、会話や食べ物を咬んだり、飲み込む時におきます。1日の歯の接触時間の合計は平均20分とされています。何もしていないときは、上下の歯は接触していません。

しかしながら、パソコンで作業をしているとき、テレビを見ているとき、料理をつくっているときなど、何らかの作業をしているときに、気付かずに長時間にわたり上下の歯を接触させている人がいます。

この何もしていないときに、無意識に上下の歯を接触させる癖
「 TCH(Tooth Contacting Habit)」といいます。

●TCHの問題点

強い咬みしめは長時間続けることは難しいのですが、弱い歯の接触は気付かずに続けていることが多くあります。気付かずに長時間にわたり上下の歯を接触し続けると、様々な問題がおきます。

少しでも歯と歯が接触すると筋肉は緊張し、血管は収縮して血流量は低下します。長時間にわたると筋肉は疲労します。そして、肩こり、あごの痛み、歯や舌の痛み、歯周病の悪化などの症状を引きおこします。

TCHがもたらす口の中の症状

歯周病の悪化、歯が削れる(咬耗)、歯の破折、詰め物やさし歯が取れる、
咬み合わせの違和感、歯がしみる、口が開きにくい(開口障害)、舌痛症等
の症状が現れることがあります。

エアフローマスター(歯面清掃装置)導入

エアフローマスターとは

エアフローマスターは、歯のついた着色性の汚れやプラークを
取り除く事が出来る歯面清掃の器機です。
パウダー+ウォータースプレーの噴射により、しつこい色素沈着や
プラーグを素早く除去できます。
モードを変えることにより歯周ポケット内の歯面清掃も可能になります。
セメント質をはじめとする上皮組織や結合組織へのダメージを最小限に
抑え、バイオフィルムをコントロールすることが出来るため、安心して
使用して頂くことができます。
また、パウダーに使われているアミノ酸の主成分はグリシンで、
コラーゲン等に多く含まれ、甘味があり食品添加物としても広く
使われているものですので、とても安全です。

cl-photo13